スポンサーリンク

草加母子死傷事故 八下田誠男被告(29)に禁固2年6ヶ月 被害者の夫「温かい家庭を作ってほしい」

スポンサーリンク

人を殺しといて禁固2年半か。

刑期が短すぎるし、そもそも懲役ですらないし…

スポンサーリンク

埼玉・草加の母子死傷事故 29歳解体工に禁錮2年6月判決

YouTube
表示できません - Yahoo!ニュース
埼玉県草加市で2月、トラックが歩道に乗り上げ母子らが死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた東京都葛飾区、解体工、八下田誠男被告(29)の判決公判が3日、さいたま地裁で開かれ、栗原正史裁判長は禁錮2年6月(求刑同5年)を言い渡した。

判決で栗原裁判長は、八下田被告が約20秒間にわたり、赤信号を見逃してトラックを運転したなどとして「過失の態様は非常に悪い」と指摘。さらに、「(被害者にとって)全く避けようのない事故で、過失はおおよそ一方的だ」と指弾した。

運転中にスマホを20秒見てたんやから「過失」やなくて「危険運転」やと思うし、未必の故意の殺人でもええと思うやけど、被害者の旦那さんが厳しい罰を望んでないねんなぁ。

事故当時も取り上げたけど…

母子死傷事故でトラックの男「スマホ見て信号を確認せず」
母子死傷事故でトラックの男「スマホ見て信号を確認せず」
病院から戻った次男を抱きかかえながら、健次さんは「(容疑者に対して)やってしまったことを問い詰めても(美季さんが)戻ってくることはない。この先のことを見つめて償うことは償ってほしい」と述べた。美季さんについては「毎日一緒にいたから全てが思い出。この感覚を言葉にするのは難しい。心が一瞬さびた」と話した。

こんなできたコメントしてるし、今回の判決後も…

判決後、荒井さんの夫、健次さん(44)は報道陣の取材に応じ、「思っていたよりも、裁判所の方も分かってくれていたのかと思う」と判決を評価、「(美季さんに)『終わったよ』と声をかけたい」と話した。八下田被告に向けては「まだ若いんですから、これから自分たちができなかった温かい家庭を作ってほしい」と語った。

「温かい家庭を作って欲しい」って…

何でこんなできたコメントができるんやろ?

まぁ、「自分たちができなかった」ってのがついてるから、若干嫌味が入ってる気もせんでもないけど、判決前にも…

もう運転しないのではなく夢運んで

表示できません - Yahoo!ニュース
意見陳述に先立って行われた被告人質問で、「もう車は運転しない」と述べた八下田被告。最後に健次さんは「せっかく取得した免許。『もう運転しない』と言わず、しっかりと罪を償い、人の夢や希望を運んでもらいたい」と言葉を掛けた。

どんな育ち方したら、自分の妻を殺した相手にこんな慈愛に満ちた言葉をかけられるんやろな。

むしろ、逆に恐い気もする。

下種の勘繰りしかできんオイラには「温かい家庭を作って欲しい」も「お前も子供が殺されたら分かるわ」に変換されるし、「もう運転しないと言わず…」も「うちだけじゃなくて他の人も殺せ」に変換されるんやけど…

まぁ、こういう常人の理解を超えた「できた人」ってのもおるんやろな。

ちゅうか、加害者側からしたら、罵倒されるよりも、むしろキツいかもしれん。

どこぞの誰かみたいに「そんなつもりじゃなかったら~♪」って歌われた方が気分的には楽かもな。

こんなできたコメントを聞いたら、「こんな良い人に何て事をしてしまったんだ…」って思いの方が強くなるやろうし。

何にしても、被害者遺族がこう言うてるのに外野がとやかく言う筋合いもないわな。

ちゅうか、この世にこんな神か仏かってぐらいの人間がおるってのが、ちょっと信じられんけど、こういう事を信じられるようになれば、世界も平和になるんやろなと思う今日この頃です。


ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない

事故・交通違反・あおり運転訴訟・裁判
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 幸せな家庭を作った頃に
    家族を奪われる地獄を味わえ!
    別に殺す必要はない
    事故で寝たきり
    有責で離婚など
    いくらでも「幸せな日々」は壊せる。

    いつかそんな日が来るかもしれない恐怖を抱えて生きていけ!



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました