和歌山県太地町でいけす網切られバンドウイルカ4頭が逃げるも、笛を吹くと2頭が戻る

シェアする




ほんま、人権だの、平和だの、環境だのって叫ぶキ●ガイって法律を破ってでも自分の考えを押しつけるのな。

<和歌山・太地町>イルカのいけす網切られ、2頭逃げる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000074-mai-soci
4日午前7時半ごろ、和歌山県太地町森浦の森浦湾で、イルカの飼育や調教をする地元企業が海上に設置したいけすからバンドウイルカ4頭が逃げ出しているのを、出勤してきた従業員が見つけた。通報を受けた県警新宮署員が、いけす2基の網が切れていることを確認。何者かが刃物のようなもので切断したとみて、器物損壊容疑で調べている。

環境を守る前に法律を守れっちゅうの。

ちゅうか…

同町では2010年9月にも、別のイルカ用いけすが何者かに切られる事件があり、欧州を拠点に活動する環境保護団体がインターネットのホームページに犯行声明を出した。

「環境保護団体」やなくて「エコ・テロリスト」って言えっちゅうの。

入管もちゃんとテロリストとして扱って、入国禁止にしとけって。

ここまでやるんやから、そのうちエスカレートして、イルカを守る為なら人間を殺しても良いとか言うキ●ガイも出かねんで。

それにしても、笑ったのが…

イルカの生け簀が切られる 太地町で2010年以来
きょう(1/4)午前、太地町にあるイルカの生け簀で網が何者かに切られる事件があり、新宮警察署が、器物損壊の疑いで捜査しています。 きょう午前7時半頃、イルカの飼育や調教を手掛ける有限会社ドルフィン・ベ
その後、飼育員の吹いた笛に反応して2頭は元に戻りましたが、残りの2頭の行方がわからなくなっています。

笛吹いたら戻って来たんかいな(笑)

2頭は調教済みやったんやな。

何にしても、こうやって平気で法律を破るヤツらを自由に入国させてたら、そのうちえらい事になるんで、入管できっちり管理して欲しいもんです。


イルカ漁は残酷か




シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!