スポンサーリンク

ラビ・バトラの予言が現実になりつつある

スポンサーリンク

ラビ・バトラの予言が現実になろうとしてる…今日この頃。
(; ̄□ ̄)ナヌッ?

経済学者やから、予言っちゅうより分析と予測なんやろうけど、ベルリンの壁の崩壊も、社会主義の崩壊も、日本のバブル崩壊も当てとるんやと。

で、この「2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測」よると…


01.原油価格は100ドルを越えて高騰し続ける。

02.サブプライム住宅ローン危機は再三爆発する。

03.2008年米大統領選挙は民主党の勝利。

04.アメリカの大企業の破綻が続発する。

05.日本の好況は2008年半ば末まで。

06.2009年にイランが新たな中東の火種となる。

07.アメリカ資本主義は数年内に終演する。

08.2009年後半から2010年前半に世界的に重大な危機。

09.中国にも2010年に危機到来。

10.日本で新たな経済システムの胎動が起こる。

これ、発売が今年の2月やから、翻訳も考えると去年のうちに書かれてるんやろな。

で、予言を見ると1~5は見事に的中しとる。

6~9も火種はくすぶっとるしなぁ。

10は、ちょっとアレやけど…

まぁ、何が起きても混乱の時代を楽しめる準備だけはしときたいもんですな。

ちゅうか、オイラの信条は、「Let it Be」とか「ケセラセラ」やから、何が起きても慌てるってことってまずないねんな。

明日死ぬかもしれんし…

世の中、「なるようにしかならん」し、どうなっても「なんとかなる」もんです。

慌てるから視野が狭くてなって、余計深みにはまる。

どんな状況でも、楽しめる余裕を持ちたいもんですな。

今日は、クリスマスイブ。

きっと誰しも色んなプレゼントが与えられてることやろ。

人によっちゃ「試練」とか「苦労」かもしれんけど、決して乗り越えられん「試練」や「苦労」は与えられてない。

本当のプレゼントは、試練や苦労やなくて、それを乗り越えて一回りも二回りも大きくなった「自分自身」

与えられたプレゼントに感謝して、人生を楽しみたいもんです。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。